【家の中から「ニャー……ニャァン……」と】

駅から学校までの道に一軒古めかしい家がある。
この間そこの前を通ろうとしたら、家の中から「ニャー……ニャァン……」と
ものすごく可愛いにゃんこの声が聞こえた。
『おw』と思って開いた門の間から思わず塀の中を覗くと、

家の前の石段には猫ではなく小さなバーチャンが座っていた。

バーチャン「ニャーン……っくく、ふふふ……ヒッヒッヒ……('∀`)」

……騙された。バーチャンご満悦。
何となく気まずかったので見なかった事にしてそこを離れたが、声が聞こえなくなるまで
バーチャンの笑い声は止まなかった。


次の日、今度は学校から駅に帰ろうとしていたところ、今度は例の家から
「ホー……ホケキョン……キョキョキョキョキョ」と聞こえた。
どうやら口笛をウグイスっぽく響かせてるらしい。芸達者にも程がある。
呆れ顔で門から顔を出すと、バーチャンが
『引っ掛かった?引っ掛かった?(゜∀゜)』という顔でこっちを見ていた。
「この時期にウグイスは無いっすよww」と言ってやったらバーチャン(´・ω・`)ショボーン
何だか不憫になったので、「この前の猫は引っ掛かりましたけど」と付け足したら
バーチャン+.(*゜∀゜*).+ペカー

それから何となく話が弾んで、気がついたらバーチャンの家でモナカとお茶を頂いていた。
今ではすっかり仲良くなり、新しい芸を覚えたら一番に披露してくれます。
俺の自慢の友達です。


………………………
129 :投票:ボツ 7
………………………

コメントを書く

[(゜゜;)]
バーちゃん(^O^)
[匿名希望サン]
おもしろい
[匿名希望サン]
ん?何が面白いの?
[匿名希望サン]
↓肝
[匿名希望サン]
わ〜いわ〜い
[←前へ]|[次へ→]
このページのURL

トモダチに教えるw

壺テキストバックナンバー
にこにこTOPへ